FC2ブログ
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各種指数

IQ・知能指数
 被験者の知的な能力が、何歳の人の平均と同じかをあらわしたものを「精神年齢 (MA)」と呼ぶ。
 俗語的に用いられると誤解を招くので知能年齢という言い方をされることもあり、発達検査などの場合は「発達年齢」と呼ぶ場合も多く、対義語は「生活年齢 (CA)」であり、「暦年齢」「実年齢」などとも呼ばれる。
 成人後は知能の伸びが緩やかになり、老年になると下降していくため、精神年齢の概念は、成人後はあまり有用ではないとされるが、児童の発達を見るのには感覚的に受け入れやすい。
 しかし、12歳以降はもはや本来の意味での精神年齢の定義ではなく、もっぱら自然なIQを算出するために定めた架空の数値と言っても過言ではない。

EQ・情動指数
 心の知能(EI)は、自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする技術であり、心の知能指数(EQ)はそれを測定する指標である。
 EIは、次の7領域を測定する
 ※感情の自覚・感情の表現・他者の感情の理解・感情の推察力・感情の自己統制・他者の感情の統制・感情の自己管理
 比較的新しい概念のため、定義はいまだはっきりとしていない。
 認識を扱う領域では、知能と知識ははっきり区別されている一方、感情を扱う領域では、知能と知識の区分が曖昧である。

PQ・潜在能力指数
 2005年にはHQに改称された。
 前頭前野がもたらすヒトをヒトたらしめる意識や知性、知能、感情制御、社会性をもたらす機能の総称である。
 PQの発達は8才がピークで子供のPQを高める方法には、読書(音読)、計算、会話、豊かな人間関係、遊び等が指摘されている。
 また、跳ね返すことが出来る程度の適度のストレス、躾けや武道の鍛錬なども脳内ホルモンのドーパミンが分泌して、前頭連合野の働きを活性化させる。

 いずれにしても、心理学や精神医学で用いられる精神年齢は、精神的な大人の基準を示すものではない。
 インターネットや一般向けの書籍にある精神年齢診断は占いに近いものである。
 一般的には、欲求の発達階層に比例する精神的な成熟度と考え、「基本的欲求」への執着から解放された「成長欲求」の段階を精神的な大人と考えるほうがわかりやすい。
 ※「基本的欲求」は、人間が生きていく上で不可欠なものであり、「基本的欲求」への執着からの解放であって、「基本的欲求」が無くなるという意味ではない。
欲求の階層説

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hodashigaryubaku.blog34.fc2.com/tb.php/178-0983b81e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。