FC2ブログ
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サド:マルセイユ事件

[事件概要]
1772年6月27日(マルキ・ド・サド:32歳)
4人の娼婦を集め、下男も交えて、鞭で打ったり打たれたり、鶏姦を要求したり、自分が娼婦と交わっている時に、下男に自分を鶏姦させたりと、乱痴気騒ぎをした。
そのとき娼婦たちに媚薬入りのボンボンく与えたが、腹痛と吐瀉を起こし、毒殺未遂事件として訴えられた。
媚薬の成分である甲虫がよく練りつぶされていなかったためで、毒物ではなかったとする見解もあるが、当時、媚薬に使用された甲虫は数種類あるが、例えばスパニッシュ・フライなど、それらが実際の殺人事件で使用された例や、誤って死に致らしめた例は少なくはない。

[事件経過]
1772(32歳)
6/27 ソドミーと毒殺未遂の疑いで告訴
7/ 4 サドと共犯である下男のラトゥールに逮捕状が発せられ、イタリアに逃亡
9/ 3 サド不在の内に裁判、サドとラトゥールは毒殺未遂とソドミーの罪により死刑の判決をうける
12/ 8 シャンベリーにてサドを逮捕

※ソドミー:肛門性交(英)Sodomy (旧約聖書「創世記」18~19章に出てくる町ソドムより)同性で行う性行為は非常に重い罪だとして、神が天から硫黄と火を降らせて滅ぼされたという話に由来する。
同性愛を違法化する「ソドミー法」のようなものを掲げた国や地域は少なくなく、日本でも明治6年から明治13年の刑法発令までの間存在し、懲役刑が課せられた。

[関連人物]
●アルマン・ラトゥール(Latour)
サドの下男で、サドと関係があり、マルセイユ事件の共犯者で、サドと一緒に死刑判決を受けたあばた顔の大男
●マルグリット・コスト(Marguerite Coste)
当時19歳の娼婦で、サドに貰ったボンボンを全部食べて腹痛をおこしてサドを訴える
●マリアンヌ・ラヴァンヌ(Marianne Laverne)
当時18歳、4人の中では最年少の娼婦で、サドに貰ったボンボンを食べて腹痛をおこす
○他、娼婦二名
●ルイ・マレー(Marais,~1780)
パリ市警の警視で1763年よりサドを監視し、その女性関係やスキャンダルの数々を正確に報告書にまとめ、サドの最初のスキャンダル、ジャンヌテスタル事件にはじまり、何度もサドを逮捕している

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hodashigaryubaku.blog34.fc2.com/tb.php/191-13efe185
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。